01

与謝野の自然環境

自然循環農業の町 与謝野町 Since 2000

山々の豊富な水が注ぎ込む大地

京都北部・丹後に位置する与謝野町。日本三景天橋立を有する阿蘇海と、自然豊かな大江山に抱かれ、町全体に広がる田園は、実りの季節には黄金色に輝き、美しい景色を見せてくれます。大江山連邦から注ぎ込む水によって育まれる肥よくな大地では古くより稲作が盛んで、米づくりに適した気候風土に恵まれています。

image
image
image
加悦谷平野を囲む山々がミネラル豊富な水を蓄える

加悦谷平野を囲む山々が
ミネラル豊富な水を蓄える

与謝野町は7割以上が山地に囲まれる地域です。大江山連邦をはじめ、ブナの原生林が多く残る山々に蓄えられるミネラル豊富な水は、町の中央を貫く清流・野田川に注ぎ込み、水田に運ばれます。自然循環農業の成果もあり、今もなお清流の美しさが保たれ、天然シャケの遡上も1000年以上もの間続いています。安心・安全で綺麗な水資源はおいしい米作りの大切な源です。

「弁当忘れても傘忘れるな」

「弁当忘れても傘忘れるな」

大江山連峰をはじめとする山並みに抱かれ、野田川流域には肥沃な平野が広がり、天橋立を望む阿蘇海へと続きます。
気候は冬に降水量の多い山陰型気候で、秋から冬にかけては「うらにし」と呼ばれる季節風が雨や雪を運んでくるため、天気が変わりやすく「弁当忘れても傘忘れるな」と言われてきました。
春は新緑、秋は黄金色の稲穂や紅葉と、季節毎に表情を変え、町全体を彩ります。

山・平野・海と生活空間が一体となった町

山・平野・海と生活空間が
一体となった町

与謝野町の暮らしは、山や海、田園風景に囲まれています。夏は暑く冬には雪が降り積もる、寒暖差が激しい地域であり、古くから稲作が盛んに行われてきました。この四季の移ろいが色濃く感じられる風土の中で、お米はもちろん、新鮮な野菜、果物が育ち、海からも捕れたてのおいしい魚介類が豊富に揃います。与謝野町は自然と生産者、生活者が共生する町です。

生き物にとっても美しい環境を

天然シャケが遡上する 清流 野田川

天然シャケが遡上する
清流 野田川

与謝野町の中央を流れる清流・野田川には11月頃になると天然のシャケが遡上することで知られています。放流ではない天然のシャケは水が美しい川でないと遡上しないことからも、環境を守る取り組みの成果が伺えます。

コウノトリが飛来する与謝野の水田

コウノトリが飛来する
与謝野の水田

コウノトリは、生息環境の悪化や農薬による中毒により、昭和46年には野生個体は絶滅しました。隣県の豊岡市による人工飼育、野生復帰計画等のご努力により、ここ与謝野町までコウノトリが飛来、水田で餌を啄みます。

与謝野の自然景観

大江山連邦

大江山連邦

大江山連邦には鍋塚(なべづか)、鳩ヶ峰(はとがみね)、千丈ヶ嶽(せんじょうがたけ)、赤石ヶ岳(あかいしがたけ、)と呼ばれる峰があり、千丈ヶ嶽が最高峰で標高832.5メートル、丹後地方最高峰となります。大江山連邦山腹には、人工のダムよりも多くの水を蓄えるとされるブナの原生林が広がり、緑のダムとも言われ、農業に欠かせないミネラル豊富な水を蓄えます。

日本三景 天橋立

日本三景 天橋立

阿蘇海に有する「天橋立」は、宮城県の「松島」・広島県の「宮島」とともに、日本三景とされている特別名勝のひとつです。幅は約20~170m・全長約3.6kmの砂嘴でできた砂浜で、大小約8000本もの松が茂っている珍しい地形です。その形が、天に架かる橋のように見えることから「天橋立」の名が付きました。この阿蘇海に流れる水も、農業者の努力によって美しく保たれています。

阿蘇海

阿蘇海

阿蘇海は日本海の宮津湾から天橋立によって仕切られてできた内海。塩分濃度が外海の2/3程度であることから、外海の魚の産卵場となっており、脂の乗った金樽いわしが名産です。1993年度からは覆砂事業に着手し、底生生物の種類数の増加により海域環境が改善しています。住民や関係団体、行政の連携のもと、2015年に阿蘇海流域ビジョンが策定され環境改善に取り組んでいます。

美味しく安全な農作物 3つの条件

01 自然環境 100年

自然環境 100年

日本三景 天橋立を有する阿蘇海と、自然豊かな大江山。ミネラル豊富な水が育む肥沃な大地が与謝野の農業を支えています。

与謝野の自然環境
02 土づくり 10年

土づくり 10年

与謝野町の農業の特徴は、独自の「土づくり」にあります。この土づくりの中核となるのが「京の豆っこ肥料」です。

与謝野の土づくり
03 人の手 1年

人の手 1年

与謝野町はその自然環境から農業に適した地域ですが、最終的に農作物の美味しさと安全を実現するのは、やはり人の手です。

農家と人の手